• フォルダーを作成して、公開されているラーニングパスを整理する方法

    管理者とグループ管理者は、フォルダーを作成して、公開されているラーニングパスを整理できます。フォルダーを作成するには、ラーニングパスに移動し、左側のナビゲーションの+新規フォルダーをクリックします。

    A.png

    フォルダーに名前を付け、説明文を入力します。

    B.png

    ラーニングパスをフォルダーに追加するには、パブリックラーニングパスに移動し、+フォルダーに追加をクリックします。

    C.png

    ラーニングパスを追加するフォルダーを選択し、保存をクリックします。

    D.png

    注: フォルダーに追加できるのは公開されているラーニングパスのみです。ラーニングパスの作成方法の詳細については、こちらをご覧ください。

    記事を読む
  • ラーニングパスにおすすめのコースを見つける方法

    ゼロからラーニングパスを作成することは難しく、時間がかかる場合があります。そこで、Udemyでは、ラーニングパスの作成に最適なコースをおすすめしています。

    おすすめのコースには、パスを作成してコンテンツを追加をクリックした後、おすすめのコースをクリックすることでアクセスできます。

    A.png

    プロンプトに従って、ラーニングパスで身につけたいスキルを選択してください。

    B.png

    興味のあるスキルを選択したら、学習目標に最適な特定のコースを選択します。ラーニングパスにスキルを含める場合は、セクション見出しとしてスキルを追加をクリックします。

    C.png

    コースを選択したら、学習パスに追加をクリックします。その後、ラーニングパスの編集、コースの順序の変更、セクションの見出しやメモのカスタマイズができます。

    D.png

    ラーニングパスの作成方法の詳細については、こちらをご覧ください。

    記事を読む
  • カスタムカテゴリーをラーニングパスにコピーする

    管理者とグループ管理者は、簡単な操作で、カスタムカテゴリーをラーニングパスに変えることができます。

    Udemy for Businessアカウントのカスタムカテゴリーページに移動し、カスタムカテゴリーを選択します。

    右側の省略記号をクリックし、ラーニングパスにコピーをクリックします。

    edit_custom_category.png

    選択したカスタムカテゴリーのコースでラーニングパスが作成されます。 

    custom_category_2.png

    作成されたラーニングパスをそのまま共有することも、学習目標に合わせてコンテンツを削除、編集、追加してカスタマイズすることもできます。 

    ラーニングパスの作成方法の詳細については、 こちらをご覧ください。

    記事を読む
  • ラーニングパスの詳細情報を確認する方法

    管理者およびグループ管理者は、ラーニングパスに登録されているユーザー、各ユーザーの学習進度、割り当てか自主登録かに関する詳細をパスのインサイトページで確認できます。

    assign_learning_path.png

    learning_path_progress.png

    ラーニングパスの作成方法の詳細については、こちらをご覧ください

    記事を読む
  • 新規登録時のエラーメッセージをカスタマイズする方法

    ユーザーがUdemy for Businessにアクセスする方法は3通りあります - SSO(シングルサインオン)、管理者/グループ管理者からの招待、または承認済みメールドメインを使った「セルフサービス」による招待です。いずれの方法でも、新規登録のためにプラットフォームにアクセスしようとしたユーザーがブロックされる場合があります。ブロックされる理由は以下のとおりです。

    • 利用できるライセンスがなくなっている場合
    • ユーザーが招待されていない場合
    • ユーザーがSSOでのライセンス用に設定されていない場合
    • 以前に非有効化されたユーザーが再登録しようとしている場合

    上記のいずれかの理由でブロックされた場合は、IT部門かマネージャーにご連絡ください、という一般的なメッセージが表示されます。

    しかし、この機能を使えば、ユーザーがUdemy for Businessにアクセスできない場合に、次の手順連絡先などを伝えるカスタムメッセージを表示させることができます。

    連絡先や手順を伝える独自のメッセージを追加するには、「設定」で「ユーザーアクセス」ページを開きます。次に、新規登録エラーのカスタムメッセージというセクションまでスクロールします。

    custom_messaging_for_sign-up_errors.png

    「編集」をクリックして、メッセージに表示させる連絡先情報を入力します。モーダルウィンドウが開き、メッセージを入力するためのテキストエディターが表示されます。メッセージには、メールアドレスやURL、リンクを追加することができます。テキストエディターには、太字、斜体、リンクの機能が備わっています。メッセージの長さは最大200文字です。メッセージを入力し終わったら「メッセージを保存」をクリックして保存します。

    Custom_Message_modal.png

    メッセージを保存した後、メッセージパネルの下のサンプルメッセージセクションにある「もっと見る」をクリックすると、メッセージの体裁を確認できます

    Custom_message_saved.png

    Custom_Message_3_examples_modal.png

    ご注意:カスタムメッセージ機能を利用できるのは、アカウントの所有者と管理者に限られます。グループ管理者には利用できません。

    記事を読む
  • Udemy for Businessの導入とエンゲージメントを向上させるためのリソース

    Udemy for Businessは、皆さまがビジネス目標を達成し、組織の学習を促進するために尽力しています。Udemy for Businessの管理ダッシュボードにリソースセクションを作成しました。このセクションにはUdemy for Businessの導入とエンゲージメントを向上させるのに役立つ、エンゲージメント戦略、コミュニケーションテンプレート、管理リソースに関するガイド、ヒント、ウェブセミナーなどが含まれます。

    この機能は、企業アカウント内の管理者およびグループ管理者が利用できます。この機能にアクセスするには、管理→リソースに移動します。 

    リソース内では、次のガイドやヒントにアクセスできます。

    はじめに

    クイックスタートガイド

    アカウントのカスタマイズ、ユーザー管理、コース割り当てなど、Udemy for Businessを使い始める方法。

    新しい管理者トレーニング

    Udemy for Businessの開始方法、学習文化を育成するための戦略、管理者機能の概要などを含む、管理者向けの詳細なトレーニング。

    Udemy For Businessについて

    Udemy for Businessとコンテンツキュレーションモデルの概要。

    APIドキュメント

    APIの機能、要件、統合方法に関する詳しい説明。 

    Udemy for Businessコースリスト

    Udemy for Businessコレクションで利用可能なすべてのコースの包括的なリスト。

     

    エンゲージメント戦略

    エンゲージメントのベストプラクティス

    組織内で学習を推進する方法に関するベストプラクティス。社内で開始できる拡張可能な学習戦略や自分で作成できるカスタムコンテンツの例など。

    学習文化を構築するためのマーケティング戦略

    学習戦略を促進するためのマーケティングガイド。このガイドには学習者の認知、獲得、保持、紹介を築くためのフレームワーが含まれます。

    独自のコースガイドの作成

    Udemy for Businessで独自のコースを作成する方法と、作成可能なコンテンツの優れた例を紹介します。

    ご質問やご意見がありましたら、こちらをクリックしてください。

    記事を読む
  • Slackとの統合(ベータ版)

    Udemyではソーシャルラーニングは学習文化の構築と維持に不可欠であると考えています。ソーシャルシェアリングでは、同じチームに所属している従業員や同じような関心を共有している従業員の専門知識や推奨事項を活用します。

    Slackとの統合を行えば、従業員はUdemy for BusinessコースをSlackチャネルや同僚と簡単に共有できるようになります。チームのプロジェクトの遂行を支援するコースでも、あるいは興味深いトピックに関するコースでも、Slackを通してコースを共有することで、組織の中で継続的な学習を奨励することができます。

    私たちの目標は、L&Dチームの影響力を広げ、学習文化を築くのを支援することです。

    この統合は現在ベータ版ですが、今後数週間以内にすべてのお客様に提供される予定です。

    「Slackに共有」をオンにするにはどうすればよいですか?

    管理者は、次の手順に従ってSlack統合を有効にすることができます。

    1. Udemy for Businessアカウントにログインして、「管理」>「設定」>「統合」ページを開きます。

    2. Slackの「共有」ボタンをオンにします。

    Slack_image_1.png

    共有をオンにすると、従業員はコース紹介ページにSlackに共有アイコンが表示され、そこでコースを人やチャネルと共有できるようになります。

    share_to_slack.png
     

    Udemybotをオンにするにはどうすればいいですか?

    管理者は、Udemybotを有効にすることもできます。Udemybotは、Slackの自動メッセージであり、組織で受講された上位5つのコースを要約したものです。

    1. Udemy for Businessアカウントにログインして、「管理」>「設定」>「統合」ページを開きます。

    2. インストールをクリックします。

    Slack_image_2.png

    3. 次に、SlackからUdemy for Businessの承認を求められます。
    注: 会社のSlack設定によっては、Udemy for BusinessをSlackワークスペースで使用するための承認をSlack管理者に依頼する必要があります。

    slack_settings.png

     

    4. 承認後、「統合」ページの指示に従って、選択したチャネルに投稿するようにUdemybotを設定します。

    Slack_image_3.png

    記事を読む
  • Udemy for Business APIリファレンス

    Udemy for Business(UFB)では、コースとレポートの2つのRESTful APIを提供しているため、開発者がUFBコースカタログと学習者の進捗状況アクティビティーデータをプログラムで取得できます。この2つのAPIを使用して、学習管理システム(LMS)などのサードパーティー製アプリケーションと統合できます。 

    詳細については、こちらをご覧ください。

    記事を読む
  • コースを探す

    キーワード検索では、コースのタイトル、サブタイトル、講師名の中のキーワードを検索します。たとえば、Excel 2016のコースを探している場合は、「Excel」ではなく「Excel 2016」と入力します。

    以前に見つけていたコースが見つからなくなった場合は、新規コースと削除されたコースで詳細をご確認ください。

    コレクション内でビジネスまたはテクノロジー関連のトピックを検索しても見つからない場合は、下のフォームを使用してコース提案を送信できます。このフォームでは、Udemy for Businessの「一般」コレクションに追加するコースを提案します。このコレクションは、貴社の法人アカウントのユーザーだけでなく、すべてのUdemy for Businessユーザーが利用できます。提案の送信後、コンテンツチームが、コース評価、ユーザーエンゲージメント、Udemyのすべてのお客様からの需要など、多くの基準に基づいて、その提案を評価します。提案が承認されたかどうかは、コンテンツチームが3~5週間以内にお知らせいたします。コースに関する提案の送信はこちらから。

    記事を読む
  • サポートの利用方法

    アカウント内で発生した技術的な問題についてのサポートを得るには、Udemyのカスタマーサポートチームにチケットを送信するのが最善で最速の方法です。Udemyのサポートチームのメンバーが問題解決のお手伝いをいたします。

    記事を読む
  • ログインに関する問題

    Udemy for Businessアカウントに招待したユーザーがログインできない場合は、まず、パスワードをリセットするように指示してください。それでもログインできない場合は、そのユーザーにサポートチケットを提出するように指示してください。Udemyのサポートチームが24時間以内に対応いたします。

    Udemyにシングルサインオン(SSO)を使用している場合は、組織のIT部門に連絡して、ユーザーが貴社のSSOプロバイダーを通じたUdemyへのアクセス権を付与されていることを確認してください。

    貴社のファイアウォールの制限が強い(一般に使用されているサイトの一部がブロックされている)場合は、Udemyの以下のメールアドレスをホワイトリストに追加し、パスワードのリセット機能が働くようにする必要があります。

    • a)udemy.com
    • b)email.udemy.com 
    • c)e.udemymail.com
    記事を読む